京都の日吉   

1980年に京都市左京区久多で劇団銀色昆虫館を旗揚げした。
その時に参加していたメンバーは大学生が中心だったから、
卒業と同時に故郷に帰ったり、就職したりで、
その後劇団は続いたけど、彼らとの関係は途切れていた。

それが過日、劇団員だった亜巳婆が亡くなり、
その追悼会で昔馴染みに出逢い、
そのツテから、劇団初期のメンバーと連絡が取れた。
同時に、ネットのサイトで連絡を取り合ったメンバーもいて、
某日、集まる約束をした。
なつかしい仲間が再会し、ひとときを過ごすというわけだ。

夫婦で劇団に参加していた永田家が、
京都の南丹市に古い農家をセカンドハウスとして買ったというので、
季節もいいし、そこで再会の宴を開催することになった。

南丹といえば、かやぶきの里の美山が有名なのだが、
南丹市は、園部、八木、美山、そして日吉町が合併してできた市で、
訪れた家は旧日吉町にある。
美山へ向かう手前、トンネルの前で右折して集落を突き抜け、
もうこれ以上先には人家はありません、という山中に永田家がある。
a0193496_10284329.jpg

〈茅葺きにトタンを被せた永田家セカンドハウス〉

午前10時に京都駅で待ち合わせ、五条通から京都縦貫道を経て、
正午前には到着する。岐阜から参加した岩田氏の車に乗せてもらう。
マコト、田島の男4人だ。
「どこから話をはじめたらいいのか分からないなあ」
それほど時間が経っているわけだが、過去の話ではなく今の話をした。

兵庫県の公務員であるマコトは、今回の東日本大震災の際、
真っ先に福島県に入ったという。阪神・淡路の経験があったからで、
兵庫県がもっとも早く被災地に入ったそうだ。
しかし彼らが行った場所は、すぐに避難区域になってしまい、
追い出されてしまったという。
マコトはいまも、東京電力福島第一原子力発電所周辺の家々、
そしてまだ手の付けられていないであろう区域のことを心配している。

そんな話をしながらクルマはどんどん進んで行った。

永田夫婦は2003年にこの家を購入したそうだが、
その当時はかなり傷んでいたらしい。
夫婦で休みの日来て、修理したり、新しく作ったりしたという。
職人ももちろん雇ったが、自分たちで修復した部分もとても多く、
たいへんな作業が続いたそうだ。
a0193496_10304541.jpg

a0193496_10292026.jpg

〈山からの水はとても冷たくて、うまい!〉

火を熾し、囲炉裏端に座って乾杯する。
ほぼ、25年振りの再会だ。
四半世紀、いろいろなことがみんなあっただろうけど、
基本的には、あまり変わることはない。
ただ、仲間が亡くなったことが悲しい。
「こうして集まるのも、我々の人生も、残り少なくなってきたからやな」
と言い合っては笑った。
a0193496_1029558.jpg

〈こういうふうにして食べると、何でもうまい〉

それにしても山間地はとても涼しく、汗を掻くということがない。
マキで沸かした風呂に入れてもらう。
浴室には大きな窓があって、外の風景がたっぷりと楽しめる。
まるで温泉地に来ているようだ。

酒盛りは加速し、飲み足らないぼくらのためにきみこが酒屋へ走る。
クルマで10分くらいの距離だ。

遅くまで飲み、食べ、語らって、夜おそくに帰路に着く。
岐阜の岩田氏は酒を飲まないに甘えて、ぼくらはすっかり酩酊してしまう。
京都駅まで送ってもらい、散会した。

それにしてもいいところを知ってしまった。
またぜひ出掛けたい。
日吉で村祭りをしようと盛り上がった。
ギターで伴奏する村民のためのカラオケ大会がいいという意見になる。

かつて美山で稲作りをしていたが、縁が途絶えてしまっていた。
だがこうしたまた美山近くの日吉にいい居場所を見つけてしまった。
[PR]

by kazeyashiki | 2011-08-28 07:00 | 京都 | Comments(0)

<< 時代小説のいい文章から わが政府 >>