今日の記録   

油床

昼メシを食べに近所の中華料理店にいく。
昼どきなので混んでいて、店頭でしばらく待つ。

厨房から冷やし中華二皿を銀のトレイに載せ、
テーブルへ運ぼうとしていた若い店員が足を滑らした。

野菜が宙を舞い、
麺は床に散乱し、
皿は割れて、
兄ちゃんはスライディング状態で横たわる。

中華料理店の床はとてもよく滑る。
プロでも滑るのだから注意しなくては。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

雨中の三女

地下鉄の階段をのぼって来たら、大雨が降っていた。
出入口付近には傘を持っていない人たちでいっぱいだ。

私は傘を常に持っている。

歩き始めると舗道にはだれも歩いていない。
みんな店や銀行の軒下に避難し、いきなり雨を降らせた空を見上げている。

傘の人である私は強い風に抗いながらも歩き進んでいると、
向こうから女性3人が悠々と歩いてくるのが傘のすき間から見えた。

彼女たちは無傘で、
急ぐ様子もなく、
3人ならんで会社かなにかの話をしながらやって来るのだった。

まるで雨などいずこに?といった風情なので
驚いた。

最近、ワイルドな女性が出現している気がする。
[PR]

by kazeyashiki | 2012-08-07 00:00 | 素描 | Comments(0)

<< 文楽にまつわる記憶いろいろ この日々よ >>