熱狂する力    


友人のブログを覗いてびっくりした。
放送されている連続ドラマの画面を撮影したものがアップされている。
どれもいい表情の役者達が写っている。
しかしドラマを見ていない者にしてみると、
どういう展開であるのかが分からない。
それに何より、
友人がこれほどの熱烈さをもって見ていることに驚いた。

朝のドラマや銀行員の物語の話題がネット上にのぼる。
そこでくりかえし使われている言葉が流行語になろうとしている。
東京五輪のプレゼンテーション映像は見たのでそれだけは記憶した。
女性アナウンサーが実にいい表情でアピールしていた。
チャーミングだなと思った。

ここ最近、漏れ聞こえてくる言葉をくりかえしていると、
ふと思ったことがあり、それをtwitterに書いてみた。

「倍返し 対語となりし おもてなし」

多少の反応はあった。共感か同情かはしらない。

体調は80%くらいは回復したと思う。
しかし地下鉄の階段をのぼるとまだ息が切れる。
以前と比べてまだ完全に戻ったという実感がないのだが、
これで元通りなのかもしれないとも思う。
しかし体力が衰えていることを実感する。
これすら年齢としては合っている水準なのだろうか。

集中力の低下。
もともとあまり集中力がある方ではなかったから、
低下という言葉は不適当か。
だが感じてしまうのだから、落ちているのだと言い聞かせる。
集中力がさがると論理的な文章が書けない気がする。
言いたいことが文字になりづらい。
だれかに向かって書いている文体ではないように感じる。
これでは仕事にならない。
やはりこれは老化の一種なのだろうかと考える。
だが解決になどならない。堂々巡りをしているようだ。

熱狂する力というものが自分にあったかと自問してみる。
あったと答えたいが論拠に乏しい。
あれは熱狂であったか…と詩的なふりをして呟いてみるが、
いま思えば取り乱していただけのように思える。
思い出していくだけで恥じ入るので当然逃げてしまう。
むかしからの悪いクセである。

a0193496_151043100.jpg

[PR]

by kazeyashiki | 2013-09-26 15:12 | 暮らし | Comments(2)

Commented by コンノ at 2013-09-26 15:22 x
マラソンで言えば折り返し地点過ぎて30~35キロ地点ぐらいでしょうか、一番きつく、駆け引きもあるところ。私も多分弱ってきています、なんとかのりきりましょう!
Commented by kazeyashiki at 2013-09-27 10:08
コンノさん。マラソンは走ったことがありませんが、ゴール地点は遠くはないですね。何も背負ってなど来ていないはずなのに、このテイタラクはいかんと自省しています。ありがとうございます!

<< 通天閣界隈 治療とその後 >>