スーザンの声   

a0193496_06390571.jpeg
ここしばらく『スーザン・ソンタグの「ローリング・ストーン」インタビュー』を読んでいる。
ジョナサン・コットがインタビューというより、二人の対話だ。
いろいろな世界のことを語っているのは、それがスーザンの世界だからだろう。

──あなたは世界のなかにいて、あなたのなかに世界がある。

そう、自分は世界に注意を払っている。そう感じている。自分ならざること、その存在とありようを強く意識しているし、並々ならぬ興味がある。それらを理解したいし、そちらに惹きつけられていく。

対話は映像を見てるようで楽しい。
[PR]

by kazeyashiki | 2016-06-16 23:30 | 読書 | Comments(0)

<< ジョン、あなたの国は今…… 林檎の種子 >>