カテゴリ:未分類( 4 )   

ジョン、あなたの国は今……   

空の彼方から、どんなふうに見ているんだろう。
そのままなら76歳だね。
マインドゲーム以降、もうあなたは英国には興味ない?
でも、Yokoさんは心痛めているだろう。
あなただって、それなら揺れるんじゃないか。
世界はあれこれつべこべ言いつづけて、
いつまでたってもchangeしないよ。
たぶんあなたのいた1980年のNYCのままで、
今ここに来たらあなたは呆れてしまうだろう。
ディランは新しい歌をうたっているよ。
[PR]

by kazeyashiki | 2016-06-17 21:36 | Comments(2)

朝から雨の一日   

道路も駅の階段も濡れている。
いつも通勤者が急ぐ階段は滑りやすく、
傘についた雨粒が飛散してしまうから、
だれも慎重な足運び。
大量の雨になれば下水道が溢れ、
地下の出入口に流れ込む。

借りたデスクでDVDを見る。
来週撮影に行く時代劇ロケ地の予習。
近江の里はいい。
もうひとつの近江仕事はダメだったけれど……。
それにしてもよく降る雨だ。

その雨のなかを千日前へ。
好きな相合橋筋アーケード。
古くて狭くて居心地のいい喫茶店、
丸福珈琲店でH氏にインタビュー。
いい話が聞けた。
これからが楽しみな出会いでもあった。

雨なのに、
いや、雨だから、
心斎橋筋商店街は多くの人が歩いていて、
大陸や半島や島からの観光客も多くて、
解けない言の葉飛び交い、
店頭では閉店セールの呼び子が叫ぶ。

夕暮れの繁華街を歩いていると、
なぜか一杯飲みたくなる。
雨に降られ、風に吹かれ、服は湿って、
熱い酒が恋しくなる。
そんな者を迎えてくれる店が犇めいている、
大阪ミナミ。
[PR]

by kazeyashiki | 2012-06-22 00:00 | Comments(0)

Who'll Stop The Rain   

たまに、猛烈に聴きたくなる唄ってあるんよねー。
昨日書いた「金婚式」もそうやけど、中学生の頃に流行った唄もそう。
C.C.R.ってカッコよくないけど、渋くて泥臭くて、
中学生のときはメロディにとっつきがよかったけど、
だんだんBandの姿勢というか、志向性、思想性にしびれるのですね。



ヒット曲では、こんな唄もありました。
いま聴くと、ヘンな唄なんやけど、
中学のころはラジオから流れてくると耳を澄ましたりなんかした。
シングル盤ジャケットのルーさん、ちょっと意味ありげ過ぎの表情ですなあ。
やっぱり、ヘン。



ええい!1969年のヒット曲のつづれおりはこれだわ。




[PR]

by kazeyashiki | 2011-08-07 01:00 | Comments(0)

深夜雑言2011-01-20   

この数日間で10数冊の本を”飛ばし読み”した。
ちっとも身に付かない読み方で、メモだけはしっかり取ったから、
何とか頭に叩き込むことができた。
本来ぼくは本を読むのが遅い。
咀嚼、とまではいわないけれど、感じながら読んだり、
本は手にしているけど、横目になっていたりする。
おそらく小学生頃からそうだった。

10数冊の本は、資料としての本だ。
難しい本ではない。中には絵本も3冊入っている。
好きな山田風太郎もあるし、法然・親鸞についてのものもある。
だから苦痛ではない。
ないのだけれど、資料として読んでいるからツライ。
こうした形で読むのは、電灯がちかちかするような感じ、
眼を悪くしてしまいそうな感覚がある。

〈そこまで考えることなどないよ〉

スーザン・バーレイの『わすれられないおくりもの』と、
キム・フォックスオーカソンの『おじいちゃんがおばけになったわけ』
この2冊の童話のことは今回初めて知った。
ふだん童話はさっぱり読まないが、その分、びっくりする。
物語のもつ世界の奥行きに引きずり込まれてしまう。

〈資料として読んでいるのか、楽しみで読んでいるのか〉

いずれの童話もテーマは〔死〕である。
昨年、一昨年と旧い友人達がこの地球から離脱していった。
そのことが、どこか丘陵地帯に棚引く霞のように見渡せる。
いちばん遠いところにあるのが父の死のように思える。
あの病室での、父の手の感覚はいまも鮮やかに残っている。
そこからはじめた旅のような日々。
その途上に、本当に多くの友が、仲間がいる。

〈いまでも生きているね〉

読んで、考えて、書いて、作業は終わる。
だけどまだこの身は、あの森の切り株の上にあるようだ。
でも、立ち上がらなければならない。
明日はすこし時間が取れるので、長い散歩にでかけよう。
方角は決めている。

〈南だ〉

たぶん、
♪〜両足そろえ 靴ひもむすんで〜♪
なんて歌を口ずさんでいることだろう。
[PR]

by kazeyashiki | 2011-01-20 01:48 | Comments(0)