<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

散髪屋    

いつも行く散髪屋、理容室が先月末で閉店してしまった。
大阪市内に引っ越してきたからずっとだったから、
十年以上、正確には11年もの間、髪を切ってくれた店だ。
店は大阪市内にあるチェーン店の名前を冠していたが、
聞けば、フランチャイズではなく独立した店舗だという。
店主はおれと同年配、
出身地が同じ大阪・箕面ということで、話が合った。

だがおれは決して上客ではない。
長いときでは2ヶ月、3ヶ月に一度に訪れる気まぐれ客だ。
一度、東京滞在が長いときに彼の地の理容室でカットしたことがあった。
初めての店だしこちらの説明下手もあって、
座り心地ならぬ頭髪心地がよくなかった気がする。
そして東京で散髪してから2ヶ月後に出かけたいつもの店、
座ってすぐに「この前はどこで散髪されたんですか?」と聞かれた。
見れば分かるようだ。髪が伸びたら同じようなもんだと思っていた。

この店の理髪料金は安くはない。美容室のように高くもないのだが、
昨今の手軽な街角理容室のように、
短時間で安く仕上げてくれるところに比べると、数倍の料金だ。
だが、腕がいい、とおれは思っている。
友人の中西氏によれば「後頭部が刈り上げすぎ」らしいが、
人間は自分の後頭部のことについては、
自分の内面と同じくらいに、知らないものだ。

昨日、店の前を通りすぎたら、内装業者がリフォームしていた。
閉店の原因は、「安くて早くて手軽な店」の浸透だというが、
常連客としては実に困ったことだ。
そういう店に行きたくないからこの店に来ていたのに。
スタッフは、同じ名前のチェーン店に行くことを進めてくれた。
だが、おれは果たして行くだろうか。

いずれにしても散髪をしなければ生きていけないわけではないが、
伸ばし放題でいるわけにもいかないから、行かなくてはいけない。
「何のために散髪をするのですか?」と尋ねられたら何と答えるだろう?
すっきりしたいから。身繕いをするのが社会人だから。
長髪だとシャンプーをたくさん使ってしまいもったいないから。
いろいろ考えてみるが、納得度の深い解答がないような気がする。

こんなことを書くと、
「髪の毛のことなんかで長々書くな」という声がしそうだ。
人にはさまざまな髪型があるし、生態的にその量も質も違う。
散髪屋を必要としない人もいるかもしれない。
あるいは自宅で家人にカットしてもらえるという恩恵人もいるだろう。
(当人はそれを恩恵だと感じてないケースが結構多い)

さてどうするか。おれは何も考えていない。
なぜなら、まだ髪が伸びていないからだ。
伸びてきて、あーだこーだと考えるのは、どういうときでも同じだ。


a0193496_11183336.jpg

[PR]

by kazeyashiki | 2013-11-21 11:18 | 暮らし | Comments(0)

秋うた     

 しばらく休眠状態だったものを動かすときは丁寧さが必要だ。
長らく自転車に乗っていなくてもサドルの跨るとすぐに走り出せるが、
どこかおぼつかなさを、身体は、骨格は、感じているもの。
それと似て、音楽という魔法の世界も再起動させると戸惑いが溢れる。
久々に西天満一座なる昭和歌謡ブルースバンドが起き上がります。

 拠点となったBarアフターアワーズが西天満から神山町へ移転したので、
バンド名も変えて、神山社中というどこかの神社のような名になりました。
だけど神社のような晴朗さ神聖さの欠片は微塵もなく、
白髪頭の中年親父が居並んで歌うという、視覚的に優れない有様です。
本来ならサックス奏者の金ちゃんも…なのだが、石垣島は遠すぎる。残念。

 11月30日土曜日17:00開場のAFTER HOURS SHOWの末席に、
神山社中が参加させて頂きます。場所は「do with cafe」という、
大阪市北区兎我野町9-23じゅらくビルB1にある素敵なお店。
主役にお邪魔のないよう、少しだけ人様の前に立ちます。
前売り2000円で1ドリンク付で、
東日本震災支援たきびカレープロジェクト活動の一環でもあります。
http://takibi0311.com/index.html


a0193496_12194963.jpg

 お時間の余裕ありし方はぜひともお越しの程を。
自分自身、なかなか知り合いのイベント等々に行けないことが多くて、
不義理してしまうことの微かな痛みを知っている。
それでも別の用事がある、というのが人生なんだろう。
こういうことっておそらく星の巡り合わせみたいなものなんだろうね。

 神山社中の再起動。さて、いかなるものとなりますやら……。
[PR]

by kazeyashiki | 2013-11-16 12:21 | 芸能文化 | Comments(0)

  

今日は山へ歩きに行こうと計画していたけど、
雨の予報。
小雨なら…とは思っていたけど、
見晴らしのいいところだったので、
やはり青空が広がる日にしようと断念した。

そして仕事。
厚い曇り空の日は、机に向かっている方がいい気がする。
午後3時頃から大阪市内も雨が降り始める。

いつのまにか日が暮れて…
ようやく秋らしい気候になってきた気がする。

 わが待ちし秋は来ぬらしこのゆふべ
 草むらごとに虫の声する 

良寛さんの歌に気持ちが微笑む。
[PR]

by kazeyashiki | 2013-11-03 18:34 | 暮らし | Comments(0)