<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

この本、面白かった!     

戦後の混乱期、水産庁が日本各地の漁業史関連の古文書を集め、
資料館を設立しようというプロジェクトが始まった。
そこに関わったのが歴史学者の網野善彦さんだ。
スタッフが全国各地に散らばり、古文書を収集し、
それを整理して、筆写するというものだ。
そして借りた古文書は持ち主に返却するというはずだった。

しかしこのプロジェクトは中断してしまう。
そのとき、主体となっていた日本常民文化研究所に集められた古文書は、
およそ百万点。
資料館の設立自体がご破算になってしまったから、
その貴重な資料はリンゴ箱に入れられたまま放置されてしまう。

網野さんはそれに対して心痛め、少しずつ返却することを決意する。
いくらかの寄贈はあったものの、百万点の資料である。
網野さんはこの作業に40年の歳月をかけて取り組んでいく。
その模様がこの本に記述されている。

返却は苦難の旅になると覚悟した網野さんだが、
古文書を持って恐々と低姿勢で現地に向かい、相手に説明すると、
「これは美挙です。快挙です。
今まで文書を持っていって返しにこられたのはあなたがはじめてです」
という言葉を返される。読んでいて感動してしまう。

霞ヶ浦、瀬戸内海の二神島、能登半島、若狭、対馬と旅が続く。
そこで網野さんは、その古文書を借りた当時のことを思い出す。
何十年かの時が流れて、
借りた当時の風景、漁業、現地の暮らしが大きく変貌していることに気づく。
豊かな自然が失われ、利便性という名の一種の破壊行為が遂行され、
文化が消滅していることに網野さんは悄然とする。

だが、返却するために訪ねた先で、また新たな古文書が見つかる。
網野さんはそこからまた始まるものがあると実感する。
終わったと思ったところから始まった新たな旅である。

網野さんという方は、こつこつと誠実に動き回った人物なのだろう。
文章からその人柄がうかがい知れる。
苦渋や悔恨もあるはずなのに、それらは一切浮かび上がってこない。

良い本である。
ここから、昭和の日本の青空が見えてくる気がした。
中公新書から出ていて、Amazonで古本を入手できる。

a0193496_1010963.jpg

[PR]

by kazeyashiki | 2013-12-24 10:11 | 読書 | Comments(1)

手紙   

よく手紙を書く方だと思う。
便箋に万年筆で文字をしたためる。
いきなり書くこともあれば、下書きしてから書くこともある。

ごくたまに私信でありながらパソコンで打ったものを送ることもある。
なんだか邪道な気がして申し訳ない気持ちになる。
同時に、パソコンだと書きすぎて迷惑な文章・文体になると思う。
ブログの弊害である。
手書きだとあまり長々と書くことがぼくの場合、ない。
それだけに求められるものが高い、と解釈している。

手紙を出すと、返信が来る。それが嬉しい。
絵葉書を出すことも多い。
いつも切手を持ち歩いているから、出先の売店などで絵葉書を買い、
季節にあった風景や、相手が喜びそうな写真のものを出す。

手紙を出す相手は年配の方が多い。
メールなどされていない方々。
いまぼくは、5人の年配の方と”文通”している。

a0193496_14253878.jpg

[PR]

by kazeyashiki | 2013-12-17 14:26 | 暮らし | Comments(0)

月末から師走へ   

 店を閉じてしまった散髪屋の話のつづきです。
髪を切ってくれていたスタッフから連絡があり、
次に働く店が決まったという。よかった。
彼は休みの日に高齢者のために出前の散髪屋をやっていて、
無料で知り合いの高齢者の髪を切り、
それが数珠繋がりで、いろいろ回っている人なのだ。
仕事は丁寧で早い。プロというのはこういうことなのだ。

 いずれにしても年内に一度、刈りに行こうと思う。



 久しぶりにライブステージに立った。
3年ぶりだろうか。
西天満一座という名称から、神山社中に変更し、
メンバーもサックスの金ちゃんが抜けて、
ボーカル+ベース+ギターの3人。
メロディ楽器がないのが心許ないが、
ハーモニカで何とか間に合わせた。

「愛のさざなみ」
「ラッキーオールドサン」
「街暮らし」
「西天満ホンキートンクブルース」

以上の4曲。
a0193496_14382838.jpg


一緒に出た他のバンドやシンガーが強力なので、
80人近くのお客さんに来て頂き、盛況だった。
・ベーシックなフォークバンドのAngie/fukui、
・2番手にうち、神山社中、
・憂歌団の木村さんの息子さんのtoshiaki kimura band、
・チラシに名前がない飛び入りの李知承(イーチスン)、
・エルキュール上野とアフターアワーズSHOW
(出演順)

みんな素晴らしいのである。
詳しくはまた後日書くが、
toshiaki kimuraさんは、憂歌団の…という言い方が憚れる、
パワフルで、ストレート、そしてどこかに青空が広がるロックバンド。
そして李知承。「哀号」という歌に心が打たれた。
歌は物語であり、それは人間の奥底から湧き出るものであり、
全身で歌う人の歌は、聴くこちらの奥底を震わせる。
エルキュールさんとこは、相変わらずの二の線。渋い。
この渋さが何か腹立ってくると、うちのfatfat氏と語り合った。
a0193496_14385123.jpg


友人も来てくれた。
とりわけちんどん通信社の林幸治郎さんと娘の風見花さん、
銀色昆虫館のマキが来てくれたので、たいそう緊張した。
だが、「始まってしまえばアッという間」という上野公資氏の言葉通り、
たちまちにしてステージは終わった。
その後は気持ちよく酔いました。

評判はそこそこ良かったんで安心した。
次にステージに立つ機会がもしあれば、ホンカー金岡を加えたい。



師走である。
何かといそがしい。
深酒、睡眠不足をコントロールしよう。



翌日の日曜日は久々の休日。
読書三昧で過ごす。
急に部屋のなかにゴムの焦げた匂いが漂ってくる。
何だろうと不審に思ってあちこち調べると、
屋外からの匂いだった。
近くの駐車場でクルマが炎上して、
その匂いが漂って来たのだった。
通りに煙が……。
なぜクルマが燃え上がったのかは不明。
滅多にそんなことはないはず。
a0193496_14425385.jpg

a0193496_1443919.jpg



なぜか突然食べたくなる三色だんご。
おいしいね。
a0193496_1440284.jpg

[PR]

by kazeyashiki | 2013-12-02 14:44 | 暮らし | Comments(1)