人気ブログランキング |

Another Time   

 この長い連休を知り合いの誰もいない会社のデスクを借りて原稿を書いている。セキュリティカードと鍵を借りて使わせてもらうのは有難いことだ。家で作業ができないわけではないが、やはり緊張感というか、気持ちの張り合い具合が違う。どうしても自宅だと気が散ってしまう傾向があるからだ。


 

 家事をすべて家人に任しているわけではないから、ちょっと洗濯物がたまっていたら洗濯機を回したり、台所や洗面所のシンクが汚れていたら磨き砂みたいなチューブ式の洗剤でこすったり、本棚の前に立つと不要な本を選り分けたりして、別の時間を使ってしまう。この別の時間が大事なことは分かっているけど、これらの日常作業に手を染めてしまうと、そこから派生してもう一つ別の領分に進んでしまうことが往々にしてある。例えば、シンクの掃除をしたら気になる箇所を見つけてしまう。鏡を磨くこと、風呂場を洗うこと、窓ガラスを拭き始めたり、玄関の鉄柵の汚れを思い出したりして次々と「やっておきたい作業」が連なっていく。こうなるともう原稿書きなんてすっかり久遠の彼方だ。本棚の整理など始めたりしたら、手に取って読みだしてその日はもう終わってしまうことになる。



 昨日は午後早い時間に帰宅し、家人がいないことをいいことにギターの練習を始めた。友人の石田氏から借りている中国製ギブソンのセミアコースティックだ。これがよく響るいいギターなのである。だが、久しぶりに弾くとやはり指がまったく動かない。コード進行を1時間ほど繰り返していると、ようやく慣れてきた。スリーフィンガーやカーター奏法も蘇ってきた(笑)﨏大介さんが最近よく歌っているボサノバの名曲「おいしい水」の譜面があったのでつらつら弾いてみると、あの曲のコード進行は「Cm―D7」と進んで、次に一瞬だけ「G7♭9」というコードになる。こんなコードはまったく知らない。ネットで検索したらすぐに見つかった。押さえて弾いてみるとたしかに曲に合っている。このコードは一瞬だけですぐにまた「Cm」に戻るのだが、それが難しい。押さえる指になるまで時間が掛かった。なんとか形になってくるが、その後も「A♭M7」とか「G♭13」といった僕の腕ではとてもすぐに押さえられない難解コードが出てきて弾き通すことができない。結局、うまく弾けないまま数時間が経ってしまう。ギターの魅力は底知れないということだ。



 読書にしてもそうで、読み始めるととまらなくなるのは自覚しているが、それはもちろん仕事などとは無関係の自分本位興味本位に好きなジャンルの小説や評論だ。仕事関連であれば本の中にヒントを見つけるという作業で、読むのとは違う。しかし、好きな書物はうはうはと興奮しながら一行ずつしっかり読んでいく。それでもとびきり面白い本ならページが進んでいくのが惜しくなる。この「ページ進行惜しみ」を初めて体験したのは小学生の頃だったと思うが、これは今の年齢になっても変わらない。多くの人もこの体験をしているはずだが、これは書き手の文章作成の巧さにあると思う。地の文の読みやすさ、会話体の軽快さ、適度にこちらに想像させる領域を残しておく技術など、心憎い進め方で作文する。「うまいなぁ」と思いつつも残りのページがどんどん減っていく。



 長い連休、家族のいる家庭では様々なサービスをするために時間を費やしているのだろうけど、人の多さや交通機関の混雑で疲弊しているようだ。しかしこの史上初の10連休という長い休暇は、体験することに意義があると考えるのがいいかもしれないね。


# by kazeyashiki | 2019-05-04 14:21 | 暮らし | Comments(0)

京都の通り歩き   


「関西歴史紀行」
京都を走る東西南北の通りを1本ずつ案内し出して36本となりました。
ざっと数えたところ、京都には80本余りの通りがあるので、まだ半分にもなっていません。

名もなき通りであっても、
地域を鎮護する小さな神社、寺院があり、歴史の痕跡を残す石碑があり、
お地蔵様、大日様があり、懐かしい琺瑯の住所表記の看板がある。

自転車で通り過ぎていたことはあったけど、
歩いてみて見えてくるものがある。
そんな町歩き、通り歩きは実に楽しいひとときであります。

今後、続くところまでやっていきたいものだ。

a0193496_11373301.jpg

http://www.nipposha.co.jp/rekishikiko/

# by kazeyashiki | 2019-03-22 11:35 | 京都 | Comments(0)

おもいついて1   


あつあつの五目そばを食べる猫舌男54歳に夕陽が赤い


いきいきしたフリをして電気コードに足引っかけて転ぶ好々爺の午後


うきうきとした少年は今夜寝床で夢精するか心配する母


えんえんと行列つくる寒空のジミヘンTシャツ男のうつむき


おどおどした犬を見ている制服ツッカケ姿の金融女事務員の剥げた金髪


# by kazeyashiki | 2019-01-22 13:45 | 素描 | Comments(0)

自己責任とぼく   

ぼくらは安全地帯にいる。
そこから世界を見てものを言う。
言わない人もいる。
他国の無礼な振る舞いに立腹している人もいる。
さまさまな憤懣を、あれこれ対象を見つけて発言する。
同感する人もいれば首をかしげる人もいる。

それが自由だ。
だけど、
選び取ることが大事なんだね。

自己責任をぼくが問うと、
ぼくは自分の無責任さを感じてしまう。
お前は誰だ?と内なる声を聞く。
ひ弱さだ。

それが自分の正体だ。

# by kazeyashiki | 2018-10-26 15:26 | 世界 | Comments(0)

ダム考   

ダムは自然破壊である、自然体系を変えてしまうと言われますが、治水利水や洪水防御、灌漑、発電などの役割があります。ダム数が多すぎるという意見もありそれは否めないとは思います。そこに利権が絡むといったこともあるでしょう。


しかし、ダムに足を運んでその造形を見ていると、こんな山間地によく造ったなと感じます。


神戸の布引五本松ダムは市民の水がめとして、宇治の天ヶ瀬ダムは瀬田川→宇治川→淀川が氾濫した昭和28年の台風13号の再発を防ぐ目的で建設されました。実際、それ以降洪水を防いだかどうか分かりやすい形で実証されたか、万人の納得するところかどうか分からないのですが、山の中に造られたその姿を目の前にすると、国土の70%が山岳地で海までの距離が短く、雨が多くて急流の川が何本も流れるこの国の大地にダムが造られた理由が分かるように思います。


【上2枚、布引五本松ダム(神戸市)下2枚、天ヶ瀬ダム(宇治市)】

a0193496_11031258.jpg

a0193496_11021612.jpg

a0193496_11045643.jpg
a0193496_11042885.jpg


伐採してもまた樹木が成長するわが国の豊潤な森林形態の自然の中に、無骨なコンクリート製の防水壁は不似合いかもしれない。しかし、歩いてその近くまで行くと、自然という野生の無秩序ともいうべき強い繁殖力を、秩序という人工物でいくらか防ぐことで人間の営みを確保しているように思えます。


台風が来るたびに、ダムが暮らしを守るのか、悪の存在となるのか不安に駆られます。「こんなところにダムなんか造って」とかつて私も言ったことがありました。ダムの機能など知らずに。ダムを見に行き、水没した村落の歴史の物語を知り、歩き回り、誰とも話をせず、来た道を帰ることを幾度かくり返してみて、我がの無知を知ることになりました。無目的に建設されたものなどないという現実。損か得かではなく、役立つか不要かでダムを見なければいけない。場合によっては自然に戻すことも考える余地は作るべきでしょう。そこに人間の知恵と技術が使われる。



巨大なダムを見て美しいと感じるか無骨と感じるかは情緒であると自覚し、その上でダムの話をしたいというのが今の私です。


# by kazeyashiki | 2018-09-29 11:15 | 世界 | Comments(0)