いとこいさん   

大阪で育った者にとって「いとこいさん」と言えば、すぐに分かる。
漫才コンビ「夢路いとし喜味こいし」である。
この軽妙洒脱なコンビが繰り広げる漫才の舞台は、
漫才にさほど興味のないぼくにとっても、実にオモロかった。
先日、喜味こいしさんが亡くなられた。

夢路いとしさんが旅立たれてからも、
こいしさんは時々テレビに出たり、映画にも出演されていたのだが、
83才、ご冥福を祈りたい。

ぼくはこの大阪漫才のお二人に一度、お会いしたことがある。
まだ小学生の頃だった。
父方の叔父が交友関係の広い人で、
何かの祝宴があって、ぼくは父に連れられて出かけた。
そこにお二人がおられたのである。

「がっちり買いまショウの人や……」
ぼくはすぐに分かった。
「10万円、7万円、5万円、運命の分かれ道!」
というセリフで有名な毎日放送のゲーム番組の司会者だったのだ。
いわゆるTVに出ている芸能人を間近で見た最初だった。
(それまで何度か松竹新喜劇などの舞台には連れて行かれていたが)

いとこいさんは酒席でも紳士的で、
ダミ声のこいしさんも優しい大人だった。
お正月だったのか、お年玉を貰った記憶がある。
この席には、後に大阪府知事になる岸昌さんもいたようで、
その話を後年、父に聞いた。
そして岸さんも、こいしさんが亡くなった二日前に米寿で身罷れた。

「生きている間の名前がニワトリで、死んだら戒名がカシワ」

「鬼瓦といえば、君の奥さん元気か?」
「なんで鬼瓦で思い出すねん」

「その鉛筆、私にもいっぺん舐めさせてもらえんか?」

今日、追悼番組がオンエアされていた。
やはり、オモロイ。

中田ダイマルラケットさんの奇想天外な漫才とは違い、
正統派漫才で、都会的なセンスが京阪神地区の人々にはウケたのだろう。
在りし日の舞台が今でも観られるのは、便利なことだ。

「交通巡査」
http://www.youtube.com/watch?v=0N1snaCNmvY&feature=related

by kazeyashiki | 2011-01-28 12:00 | 芸能文化 | Comments(0)

<< 冬の京都、木屋町三条上ル。 旅の本 >>