人気ブログランキング |

中西氏への返信(mixi)   

(昨晩、日本テレビなどが通常の番組編成でオンエアしたことに関して)

おそらく被災地でこの局の番組が流れているとは思えず、もっぱら当事者ではない私達がこうした番組が放送されていることを知る。だが、私達も今回の大震災による精神的ショックを受けている。このショックを和らげるために、より日常的な場面に戻すことが肝要だという考え方もあるかも知れないが、実際にオンエアされている内容を見ると、決してそうではないと感じる人が多い。

背景には、被災地がまだ混乱状態にあり、圧倒的に食糧が不足し、精神衛生面でも全く到っていないこと。福島第一原発がギリギリの応急処置の最中であり、まだまだ不安定なままであることを私達は知っているからで、それに比例するかどうかを考えた時、放送されている番組があきらかに「違う」と思わせるものであったからだろう。こうしたことは、価値観の相違といったレベルのものではなく、局の編成部のなかに「もういいだろう」という現実判断があったからだろう。全国ネットで放送するのだし、被災地では見ることはないし、他局が地震関連番組を放送するだろうから、「うちは、こういう路線で」「あえて特別編成ではなく、通常の火曜日編成で」という判断基準があったように想像する

「地震報道ばかりだったので、バラエティ番組は愉しめた」という視聴者もいることは想像できる。地震当事者以外にはそういう人々も多くいたかも知れない。だが、その逆の立場の人も多くいたことも事実。局の編成は「そういう意見が出てくることは想定内」と考えているかも知れない。だが、貴兄の指摘するように「いくらなんでもこんな番組編成」という意見に私も共感するのである。もしかしたら出演しているタレントや番組を制作したスタッフもそう感じているかも知れない。どうなんだろうか。

by kazeyashiki | 2011-03-16 10:00 | 世界 | Comments(0)

<< 韓国の新聞社が掲載した写真 羽原君への返信(mixi) >>