木村蒹葭堂   

調べものがあって、また北堀江にある大阪市立中央図書館へ行く。
休日なので来館者が多く、大半の席が埋まっている。
だが、空間設計がいいのか混雑感はない。
4人掛けデスクに座り(もちろんほかの3席は座っている、年配者2名、大学生1名)、
ゆったりと資料を読み、書き物をすることができた。

途中、珈琲タイムで屋外に出たとき、敷地の片隅に顕彰碑を見つけた。

木村蒹葭堂(けんかどう)である。
a0193496_21143469.jpg

この人物は、大阪在住の人なら一度は耳にした名前かもしれない。
江戸中期の文人であり、蒐集家であり、本草学者であり、博学者である。
元々家業は酒造業であるが、酒造株を他人に賃貸して生活の糧を得ていた。
年に三十両の収入だったというから、中流の下の方の暮らしだった。

だがこの多趣多才な男、妻と妾と同居しているのである。
本妻は結構嫉妬深かったようだが、それでも妻妾同居をやめない。
三人で長崎旅行などもおこなったという。
このほかに娘が一人、下女一人の五人暮らしだったというが、
女性ばかりのなかに住んでいたということだ。
なかなかの人物である。

27歳で『山海名産図会』を著し、その後さまざまなジャンルの書を上梓する。
『銅器由来私記』『桜譜』『禽譜』『貝譜』『秘物産品目』『本草綱目解』等々。
たまたま先ほど、NHKの「ダーウィンが来た」という番組で、
”イッカク”というふしぎなクジラを特集していたが、
ここに登場する日本の古文書は、蒹葭堂が編纂した『一角纂考』だった。
また、文学にも精通していて、漢詩を書き、書画もうまかったという。
語学では、オランダ語やラテン語も解したそうだ。

諸国から来る者に蒹葭堂の名前は知れ渡っていて、多くの来客があった。
本人はそれに困惑し、「人気があるのも困ったもんや」と言ったところ、
朴訥だが口が悪い友人に、
「お前に人気があるんやなく、お前が持っている物に人は寄って来るんだ」
と言われて、大いに恥じた……と書かれている。

蒹葭堂とは、彼の書斎の名称である。
ケンカ早い人だったわけではないようだ。
同時代の友人には、司馬江漢、上田秋成、頼山陽、本居宣長、
伊藤若冲、与謝蕪村、円山応挙、平賀源内などがいて、
1700年代後半という時期に、町人文化、都市文化が花開いたかが分かる。
a0193496_2115424.jpg

by kazeyashiki | 2012-01-08 23:59 | 芸能文化 | Comments(0)

<< ベッドのある暮らし 人物素描録 >>