雨   

このところ週末になると雨が降る。
歩きに行こうにもこの雨では行けない。
しかも台風だから風雨が強い。
ちょっとした買い物に行ってもずぶ濡れだ。
服が濡れるのは心地悪い。

映画『明日に向かって撃て』に
”雨にぬれても”という歌があった。
百貨店などでこの曲が流れると、
店内で働いている人に、
「雨が降りはじめましたよ~」と伝える
暗号みたいなものだけど、
客だって結構知っていて、
”外、雨が降って来たみたい”
などと言う。

歌詞に、
”I'm never gonna stop the rain by complaining”
という一節がある。
「雨を上がらすなんてできないし……」
みたいな感じなんだろう。

雨の歌、雨の詩、雨の絵、雨の映画のシーンなど、
雨が主題や通奏低音となる物語は多い。

雨宿りに入ったところから物語が始まる
井上ひさしの『雨』や、
半村良の可憐な小説『雨やどり』、
山本周五郎の『雨あがる』などを思い出す。
もっとたくさん雨がモチーフの物語はあるんだけどね。

銀色昆虫館の『風屋敷百年物語』という芝居は、
ずっと雨が降り続く日々を描いた。
おそらくマルケスの『百年の孤独』に影響されている。
話は全然違うけど、
降り続く雨のイメージだけを借りた物語だった。
題名もそうだけど。

扇町ミュージアムスクエアで上演した、
『怒濤の都』の第一作では、
幕切れに舞台に雨を降らせたこともあった。

どうもおれは雨が好きなのかもしれない。

[PR]

by kazeyashiki | 2017-10-29 13:57 | 素描 | Comments(0)

<< 疲れたときのバート・バカラック(笑) 鳩笛の季節 >>