無題   

 今日は先日取材したF農場の女性役員の録音聞き起こしをするはずが、細かい書き物がいくつかあって、途切れ途切れで中座。

 昼前から近くのエディオンに外付けハードディスクを見に行き、同じビルのジュンク堂に寄ると、佐藤雅彦さんの『新しい分かり方』が並んでいたので思わず図書券で購入。小泉文夫さんの『日本の音』文庫本が復刊されて平積みされていたのでこちらも購入。神戸の社長に贈呈する『神様と祭』というムック本も買う。

 神戸社長は最近、日本各地の祭りに興味津々なのだ。キャンピングカーを購入して各地に出掛ける計画があるらしい。日本には大小、実に多彩多様な祭りがある。「ケ」の続く日常を破るものとして「ハレ」の祭りが開かれる。五穀豊穣、豊作を願うものが多いが、日本三大祭りの祇園、天神、神田の祭りは農業とは関係のない、町っ子の祭りだ。疫病封じの鎮魂がその根っこにある。

 帰宅してPCに向かったものの電話やメールが次々ときて、聞き起こしができない。明日は勤労感謝の日だから今日中に連絡しておこうという魂胆なんだろうけど、おれには祝日は関係ない。晴れなら京都へ行く予定だ。五辻と姉小路を歩く。予報では昼まで京都は曇り空。写真をとってもあまり使えないだろうな。朝の時点で決定しよう。

 年末の進行なので〆切が早い。ゆっくりできるようになるのは12月20日頃か。読みたい本がたまっている。新井さんからもらった伊集院さんの『琥珀の夢』上巻残り少し。

[PR]

by kazeyashiki | 2017-11-22 23:18 | 暮らし | Comments(0)

<< 京歩き晩秋篇 疲れたときのバート・バカラック(笑) >>