京歩き晩秋篇   


二条駅を起点に千本通を上る。

丸太町通交差点に太極殿跡の碑がある。

中立売界隈はかつて西陣興隆期、西陣京極なる繁華街歓楽街だった。
芝居小屋や映画館、居酒屋、スナックがひしめいていた。
その残像が今も幽かに残っている。

すっぽん料理の名店は今も営業中だ。

千本今出川角近くのレトロな喫茶店は祝日ともあって満員御礼。

師走の風物詩「大根だき」の千本釈迦堂は、
12月7~8日の本番前の下準備にいそがしい。

五辻通を西へ。京都最古の花街上七軒の石畳には大勢の観光客。
仏蘭西料理店「萬春」はすでになく、新しい店が軒を連ねている。

やきもちの天神堂で買い食い。

天神さんに足を踏み入れたら、
境内一面に参詣者が広がっていて歩くもままならぬ。
様々な言語が飛び交っていた。

千本通から寺之内通へ。

先日撮影に訪れた折に買い求めた「ととや」のちりめん山椒があまりに美味だったから、
また買い足しに。
美貌の女将と話し込む。聞けば、若い頃に上七軒の芸妓だったという。
古写真を見せて頂く。
それをスマホで撮影。
美人である。
彼女手作りのちりめん山椒は、炊きたてご飯に合う。

土産をザックに詰めているだけで嬉しい。

[PR]

by kazeyashiki | 2017-11-23 20:55 | 京都 | Comments(0)

<< 『古都再見』 無題 >>