関西歴史紀行   

 秋からある広告会社で
「関西歴史紀行」なるホームページの取材と原稿を書かせてもらっている。
京都の通りを歩いてめぐる紀行で、
クルマや自転車でなく、歩いてのんびりと進む程度のゆっくりとした散策だ。
これまでに
「寺町通「丸太町通」「鞍馬口通」「鷹峯街道」「曼殊院道」「浄福寺通」と掲載し、
今後も「姉小路通」「千本通~五辻通」などを予定している。

 歩いてめぐる京の通り。
生活道路や商業地域もあるのでクルマの往来もそれなりにあるが、
古くから店を構えている老舗、
境内が縮小されたけれど由緒ある神社や寺院、
京都市が建てた歴史の碑などがあり、実に楽しい。
京都には18歳の時から暮らしはじめ30歳半ばまでいたわけだけど、
その間は芝居活動などに熱中していたせいか、
古刹や老舗にはほとんど興味がなかったし、知り得なかった。
だから新鮮に受け止めている。

 古くから京都に住む人たちにはどのように映っているのか心配で、
先日、京都の歴史文化や精神文化に造詣が深い音楽家の山田君と話をしたら、
さほど厳しい批評でもなかったので少し安心した。
とはいえ、文字数に限りがあるので詳細まで書き込んでいないし、
寺社仏閣にはさらに深くて底が見えないくらいの物語が隠されているのだろう。
まさに手掘り感覚で調べ、読者に興味を持っていただきたいと思っている。

「関西歴史紀行」HP
http://www.nipposha.co.jp/rekishikiko/

a0193496_17052548.jpg
a0193496_17061129.jpg
a0193496_17071001.jpg
a0193496_17085651.jpg
a0193496_17093585.jpg



[PR]

by kazeyashiki | 2017-12-24 17:12 | 京都 | Comments(0)

<< ほうじ茶 ホスウ >>