ほうじ茶   

 30歳頃まで「ほうじ茶」は法事の時に飲むお茶だと思っていた。
一人暮らしをしていて、お茶を飲む習慣があまりなく、
もっぱら家ではインスタントのコーヒーか紅茶。
実家で、持っていけといわれて日本茶の缶を渡されたくらいで、
ちゃんとした急須も持っていなかったと思う。
どうやって日本茶を淹れていたかといえば、
取っ手の付いた小さな網目の茶漉しを使っていたのだ。
母は玄米茶を日用していて、ほうじ茶は家になかった。
父は漢方のゲンノショウコのお茶を飲んでいて、
これはとても飲める代物ではないと思っていた。

 このほうじ茶が、実は「焙じ茶」であり、
煎茶や番茶を炒ったもの、焙煎したものであると知って、
何だか新しい世界のドアを開けたような気になった。
そして、飲んでみるとうまいのだ。
ほうじ茶は大きな急須に茶葉を多めに入れて、
熱湯をその中に入れるのがいいといわれている。
関西人の言い方なのだろうか、”ちんちんのお湯”である。
しっかり茶葉を広げさせて茶碗に注ぐ。
茶色い液体が湯気を上げる。
それを口にすると、香ばしさが鼻腔をくすぐり、
口に含むと独特の飲み味が広がる。
焙じたお茶であることがよく分かる。

 このほうじ茶、格付けでいうと玄米茶や番茶と同位だという。
なかには選りすぐりの高価なものもあるようだが、
手ごろな価格で、袋にぎっしりと詰まったものがいい。

 調べてみると1920年頃に京都で誕生したという。
たしかに京都のあちこちで出されたお茶はほうじ茶が多かった。
今宮神社参道のあぶり餅の二軒の店も、
餅と一緒に大きな急須が出てきて、ほうじ茶だったと思う。

 大学時代、この店の一軒でゼミが開かれたことがある。
森三樹三郎ゼミで、
教室に行くと、黒板に「ゼミはかざりやでおこないます」
と書かれていて、ぼくらは慌てて店に走った。
広い座敷のあるこの店で、あぶり餅を食べながら講義が開かれ、
ぼくらはお茶を何杯もお代わりしながら先生の話を聞いた。
店の人は何度か新しい急須を用意してくれたものだ。

 ちんちんの湯で淹れたほうじ茶。
勢いよく湯気が上がっているのは見ていて気持ちいい。
暖房が効きすぎる部屋ではなく、
ちょっと寒いくらいの、隙間風を感じる部屋で飲むと、
一段とうまさが増すように思える。

a0193496_12460047.jpg

[PR]

by kazeyashiki | 2018-01-04 12:48 | 京都 | Comments(0)

<< オオサムコサム 関西歴史紀行 >>