最近のメディア   

菅首相にも外国人からの献金があった。
スクープしたのは朝日新聞だ。
確かに法に抵触する事項である。
だが、ここ最近思うのだが、こうしたスクープ記事の持つ内容が、
何か、場を混乱させるための害毒の一種に思えて仕方がない。
試験中にネットを使ってカンニングした青年の事件、
遡れば、小沢一郎の”政治と金”の問題にしても、
現在進行中の政治状況を阻害するくらいのキャンペーンの張り方だ。
これは新聞だけではない。テレビも連日この報道をくり返してきた。
こうした木を見て森を見ない報道の姿勢に対して、疑問を感じる。
国益に反しているのは諸々の事件、出来事ではなく、
メディアの姿勢そのものが反国益的、反国家的ではないかと思う。
メディアというのはヌエ的なもので、
報道するだけで結果や成果を達成することが少ない。
もちろん小さな新聞記事やテレビ番組が社会を動かしたことはあるが、
ここ一連の報道、しかも過熱気味で狂信的な報道には、
非難、罵倒、糾弾だけがあって、どこにも創造性がない。
私は現政権の支持者ではないが、
このような報道体制では国家の方向性を決める国会運営が支障を来し、
最終的には国益を損ない、国民にその代償が回ってくるのではないか、
そんな風に思ってしまうのである。
大学受験におけるカンニング事件にしても、
当事者を糾弾し、追い込み、断罪することに生き甲斐があるという、
何だか強権的な態度しか見えないのだ。
新聞や雑誌なら、あの学生の背景にあるさまざまな物語、
「なぜ彼はこうしたことをしたのか?」
という視点から書く姿勢があってもいいと思う。
父を亡くし、母に心配と経済的負担をかけたくなかった若者の心情、
これを平明な文体で書き、伝えていくことがなぜできないのだろう。
むろんそうした記事も一部にはあったかも知れないが、
新聞からテレビという濾過装置を通っていく中で、
ヒステリックともいえる論調で叩く。
人間性もなにもあったものではないと感じているのは私だけだろうか。
[PR]

# by kazeyashiki | 2011-03-11 10:54 | 世界 | Comments(0)

言い間違い   

NHKの人気ニュース番組「NW9」の青山キャスターが、「席巻」を「せきまき」と読んで、隣の大越キャスターに訂正された話を、スポーツアナの岩佐徹さんがブログに書いている。

http://toruiwa.exblog.jp/
(岩佐徹のOFF-MIKE)

「席巻」が読みにくいものだとは思わないが、あまり使い慣れていないのだろうか。岩佐さんは、「入社16年で“せきまき”は厳しいですね。」と書いている。人気の青山キャスターは、16年目のベテランアナウンサーなのだ。

こうした「言い間違い」「憶え間違い」は誰にでもあることかも知れないが、言葉を生業にしている者にとっては、やはり問題だろう。私も言葉を使う仕事の末席に連ねている者だが、こうしたミスはやはり厳しいと思う。たまに自分が書いた台本などを声を出して読まされるという事態になることがあるのだが、ここで自分が書いた原稿の言葉を言い間違うのは厳しいし、恥ずかしいことだ。若い頃、この点失敗をしたことが一度か二度あった。

言い間違いをするアナウンサーでは、「出自」を「でじ」と読んだ民放アナをTVで先日みたことがあったし、私が構成をやっていた番組で、ある女性タレントが「団塊の世代」を「だんこん」と読むという、実に「う〜ん」な間違いがあって、この時は、老練なカメラマンに「○子ちゃん、だんこん、それはちんちんや」と突っ込まれていた。なぜカメラマンはこうも偽悪的というか、露悪的なんだろうね。

すこし前にTVをみていたら、ジャニーズ系のアイドルタレントが使う言葉に思わず拍手してしまったことがある。その青年は、番組のなかでちょっとした予想外のことが起こった時、「山が動いた!」と叫び、ギャグとして「腹に一物、背中に荷物って感じですね」などと、今どきの漫才師でも言わないような昭和な言葉を連発するのだった。もっとも彼はジャニーズでも関西系で、アイドルというよりお笑い系のような雰囲気なのだが。
[PR]

# by kazeyashiki | 2011-03-10 13:05 | 芸能文化 | Comments(0)

ひとつの発言   

アメリカの前駐沖縄総領事の発言が物議を醸し出している。親日家といわれ、日本語もうまく話す人物だそうだが、話せるからといって好人物ということはない。日本語を学ぶきっかけになったのはどういう経緯か知らないが、少なくとも彼は日本及びアジアに興味を抱いていた。で、日本語を学び、日本と関係する仕事をした。東京大学で客員研究員となり、その後福岡などでも任務に就き、沖縄には2006年にやって来て、3年間勤務して故国に帰った。沖縄在任中からその言動に問題があると指摘されていたようだが、母国へ帰国して、大学生相手の経験話の中で、思わず胸の内に溜まっていた憤懣が出現したのだろう。いや、それとももっと計画的だったのかも知れない。「今日は言ってやるぞ」と考えての発言だったのかも知れない。

いずれにしても現場を知らないので空想の域を超えないが、事実としてあるのは「沖縄の人はごまかしとゆすりの名人だ」という言葉である。こういう言い方をしてはいけないということを私達は少なくとも小学校、あるいは中学校で学習している。地域、身分、職業、文化、言葉、風習といったものを主観的に批判することは「してはならないこと」として学んだ。なぜなのか。簡単にいえば、自由と平等の名のもとにおいてこの主観的な批評は、事実・真実ではないのにも拘わらず風聞として拡大してしまうからであろう。いわゆる風評である。こうした発言をする人には特徴があって、自分の内の苛立ちを批判する対象の一部に仮託して造形してしまうのだが、そのモンタージュが決して巧くない。強引な結びつけだけが目立ってしまう。しかも情報収集能力に問題があるので不正確な情報、噂程度のものを信頼してしまうことで論を組み立てているものだから、聴かされた方にとっては憤怒を感じつつも、最終的に脱力感を抱く結果になってしまう。「間違った情報で発言している人なんだからね」ということになり、下手すると同情されてしまうこともあるし、最悪の場合は「あの人だからね、仕方がないさ」となってしまい、これはもう弱者へのいたわり、宗教的な慈悲になってしまう。だからもし日本の外交官が「ケヴィン・メアさんの発言は、これはもうアメリカ人だから仕方がないですよ。アメリカ人はそういう間違いをこれまでいっぱいやってきたんだから」とか、「ケヴィン・メアさんはサウスカロライナ州フローレンスの生まれだそうじゃないか。あの州の、あの町の人間は信用できない人間ばかりだから仕方がないよ。アメリカの国民もみんなそう思っているそうだし」なんて言うとどうなんだろう。

ケヴィン、沖縄でよっぽどヒドイ目に遭ったのか?フラれたのか?君はまだ56歳だから、日本やアジアに関係ない仕事をすればいい。あるいは仕事を辞めて沖縄に永住するという選択肢が描けるなら、それもいい。いずれにしても、君が沖縄のことをあんな風に言いたくなった背景にある現実というのもあるはずだろうから、それをどこかで語る機会はあるし、アメリカのメディアは作ってくれるだろう。日本のメディアがやればいいのだが、どうもそれは難しいかも知れない。君の語る言葉を、沖縄の人達は決して感情的にならずに聴くと思うよ。そう信じている。
[PR]

# by kazeyashiki | 2011-03-09 11:09 | 世界 | Comments(0)

細切れ   

どうも「細切れ」というのが今の政治状況というか、
政府の重職を担う政治家達の任期のように思えてしまうのは、
自分の内にある批判的&ネガティブ性の顕れかと思ったりするのだが、
大臣職に対する問責などの結果、
長続きしない職務に「細切れ」感を抱いてしまう。
首相をはじめさまざまな国の代表者たちが次々と変わっていくのは、
相手から見て信頼関係を築くも何もあったもんではない、
そんな風に思ってしまう。

「何をしているんだあの国は?」
そんなことを口にしている諸外国の面々もいるに違いない。
放っておいてくれという気もするがその指摘もあながち間違っていない。
今回の前原外相にしても半年しか務められなかった。
長いからいいという問題でもないだろうけどグロムイコ外相って長かったなあと、
名前だけしか記憶にない異国の人物を思い出す。
しかし名前だけでも記憶していることはもしかしたらひとつの価値かも知れない。
グロムイコという名で検索してみたりする。
「ミスター・ニエット」という拒否ばかりしたこの外相は、
冷戦下のソ連の外交を全面的に「おれが責任を持ってやるよ」と職務遂行した。
結果はどうであれ。

わが国の政治情勢は解散総選挙なんてことが言われているが、
自民党のなかに今の政治状況をハンドリングできる人物がいるかどうか分からない。
自民党にそうしたリーダーシップを持った人物がいることを知らない。

しばらく民主党政権は続くのだろうけど、
外相は党内から起用するより党外の人材を登用した方がいいように思う。
それだけ政党に信頼すべき人物がいないというのは国民の不幸だが、
いつまでもこのジャケットを身につけていても仕方がない。
思い切りのよさってものがあってもいいのではないか。
二大政党という呼称はいいかもしれないが実現できなければやめた方がいい。
善悪彼岸の二元論的対立はただちに敵対するこの国の精神構造では、
ちょっと難しいのではないかこの二大政党メソッドは。
融通も利かないし。

政治に魅力を感じるようになることなんてことはあり得ないのかも知れないけど、
そうした魅力の一片でも感じさせる国の運営の様相があってもいいはずで、
そういう風に変わるなら国民は決して無関心であったり軽視したり、
あるいは軽蔑したりすることはないのではないか。
少なくとも自分たちが投票して選んだ人物が活躍するのを苦々しく思う者はいまい。
[PR]

# by kazeyashiki | 2011-03-08 14:54 | 世界 | Comments(0)

政が国を壊す時   

民主党政権が青褪めている。
前原外相が辞任。
昔馴染みの焼肉店のおばちゃんの献金が問題。
彼女は在日韓国人だったから。
法律的には違反していることになるのだろうが、
その法律が時代と合ってないという面もあるのだろう。
この辞任が国益を損ねるなんて大袈裟に言うことはしたくないが、
第三者的、他国的に見たら、日本の政治家って信頼できるのかどうか。
辞任することが清浄化させること、責任を取ることって、
間違いを犯した武士が切腹するという伝統の法則と同じ理屈のように思えて仕方がない。
中西氏が主張する「日本再鎖国論」の中に、
「仇討ち・切腹」を加えて欲しいものである。
[PR]

# by kazeyashiki | 2011-03-07 21:00 | 世界 | Comments(0)