卒業式の歌   

いま、卒業式ではどんな歌がうたわれているのか僕は知らない。自分たちが卒業するときに歌ったのは「蛍の光」か「仰げば尊し」だったように記憶している。村野四郎作詞の「巣立ちの歌」も、どこかで教わった気がするのだが、果たして卒業式で歌ったのかどうか曖昧だ。

子供を育てなかったので、卒業式は自分の体験でしかない。そういう意味で自分はあきらかに欠損した人生を送ってきたという感触がある。欠損という言葉は悪い言葉なのかも知れないが、実感としてそう思う。

「仰げば尊し」は、恩師への思いが満ちていて、どこか保守的な思想の匂いがすることから、ぼくが通った学校の方針などで歌われなかったことがあったのかも知れない。思想的弾圧といってもいいのかも知れない。歌詞を読めば、さほど保守体制的とは思わないのだが、そこが思想の難しいところなんだろう。

「蛍の光」は、たとえばパチンコ屋や施設などの閉店時間に流れるメロディということで、ずいぶん歌の価値が下がった時期もあったが、今聞けば、いい歌である。ぼくはこの歌を、THE BANDの「ROCK OF AGES」の長いオルガン・ソロの中から流れてきて、感動した記憶がある。年末に流れる旋律として「蛍の光」は合っている。このTHE BANDのコンサートも年末から年始に掛けて行われたものだったのだろうか?

卒業式の痕跡を残しているものといえば、卒業証書を入れた筒、賞状筒というのだろうか、それが三本、書棚の上に載っている。中には自分が卒業してきた小学校、中学校、高校、そして大学の証書が入っている。ただの紙切れだが、ずいぶんお金のかかった紙切れである。両親に感謝しなければいけない紙切れである。

卒業式はまさに旅立ちの日であり、その後二度と会わない同窓生との最後の場である。高校の卒業式が終わって、体育館から教室に戻ってきた時、廊下を歩きながら、「これで高校という時代をおれは終えるのだ」という感を強く抱いたものだ。感傷的なのではなく、かなり冷静にそう思った。当時の同窓とはもう二度と会っていない。鈴川が死んでしまい、本当にそうなった。誰にも会っていない。そういうものなのだ。

   仰げば 尊し 我が師の恩
   教の庭にも はや幾年
   思えば いと疾し この年月
   今こそ 別れめ いざさらば

   互に睦し 日ごろの恩
   
   別るる後にも やよ 忘るな
   
   身を立て 名をあげ やよ 励めよ
   
   今こそ 別れめ いざさらば

   朝夕 馴にし 学びの窓
  
   蛍の灯火 積む白雪
    
   忘るる 間ぞなき ゆく年月
   
   今こそ 別れめ いざさらば
[PR]

# by kazeyashiki | 2011-03-07 13:15 | 暮らし | Comments(0)

人間力   

大学等教育関係の映像台本などを書いていると、時折「人間力」という用語が大学のパンフレットに登場する。この言葉をシナリオに盛り込まなかったら、修正されたものに「この言葉を使うように」と指示されていた。僕としてはあまりよく分からない言葉であり、曖昧さを含む表現だと感じたので使わなかったのだが、よく調べてみると「人間力」という言葉は政府関係機関や、大学研究機関などで頻繁に登場し、研究されているものだと知った。代表的なのが東京大学の市川伸一教授を座長とする「人間力戦略研究会」というそのものズバリの会があり、その報告書では「社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための須郷的な力」がその定義だという。さらに市川座長による注釈がついているがここでは割愛させて頂く。

あまり馴染みのない言葉は、生理的に敬遠したくなる言葉になってしまうのは自分の欠点であるのかも知れないし、生理的な感覚で判断停止してしまうのはもってのほかかも知れないが、やはりこの「人間力」なる言葉、納得が遠い。ウィキペディアの解説に寄れば、「基礎学力、専門的な知識・ノウハウ、論理的思考力、創造力、コミュニケーションスキル、リーダーシップ、公共心、規範意識、知的能力的要素、社会・対人関係力要素、意欲、忍耐力、自分らしい生き方や成功を追究する力」といったものが構成要素だと書かれているが、書き写していてやるせなくなってしまう。

だからといってぼくは実社会、現実の世の中でこうしたものを学んでいくことが大事なんであって、というふうに言うつもりはない。学ぶということには「お約束事」があるのは確かで、簡単にいえば「読み、書き、考え、問いかける」という法則を知っておくことで、得るものの領域が広がる。だが、「読み」「書き」「考え」まではそれなりのラインで行けたとしても、最後の「問いかける」というところで躓いていることが多いように思える。この「問いかける」が「読み、書き、考える」とその内実を異にするのは、「言葉を発する」というところにあるからではないか。読むこと、書くこと、考えることは黙ってできる作業である。つまり一人で単独行動できる行為である。だが「問いかける」は黙してもできるが、ふつうは他者に問いかけることを意味する。質問する、疑問を呈する、教えを乞う。「問いかける」ことには、人間力の定義である「論理的思考力」や「創造力」そして「コミュニケーションスキル」などが必要になってくる。ということになれば、話が前後していないだろうか。

まず「問いかける」ということを最初に学ぶ(知る)ことで、「論理的思考力」や「創造力」を得ることができ、他者とのコミュニケーションが可能となる。最初から論理的思考力を持って産まれてきた者はいない。読み、書き、考えることでその下地を作り、問いかけることによって得られる要素ではないだろうか。その地平の向こうに「論理的思考力」なり「創造力」という泉が待っている。そう思うのだが。

「人間力」という言葉をお題目のように唱えても何も産まれないことは、東大の先生たちもよくよく分かっているだろう。独り歩きしてしまうと危険な言葉でもあると思うのだが。
[PR]

# by kazeyashiki | 2011-03-02 12:09 | 世界 | Comments(0)

きれいになった。   

このところ、取材→もの書き→撮影をくり返しバタバタしていたが、忙中有閑、ここんところ暖かな日が続いていたので、昨年末から気になっていた仕事部屋の大掃除をした。徹底した掃除、模様替えも含めた「☆3つ」の大作業である。

部屋で最も多いものは本である。これは仕事用だけではなく、自分を形成維持するためや、好奇心を満たしてくれたり、未知と無知を教示してくれるに必要なアイテムであり、それが中学生の頃から継続しているのだから、量が増えるのは仕方がない。だが、読み終えた本が後々まで必要かどうか、生憎そのモノサシを僕は持っていない。誰もそうかも知れない。

読まない(だろう)文庫本を近所の古書店へ持っていくことにして、雑誌類は廃棄、その他のさまざまな小物、中物などは、できるだけ分解してゴミ回収へまわす。

そんななかに、これまで使ってきたノート類が結構な量になっている。仕事で使っているB5版硬表紙付きノートブックである。これがここ15年くらい、30冊以上たまっている。なかには2002年前後に出かけたアジア6ヵ国旅日記などもある。書いた内容はすべてパソコンに打ち込んでデータ化しているが、手書き日記にはその時の感覚がそのまま残っているし、受け取ったレシートや、なんでもない紙切れなども貼りつけてあったりするので、自分では価値があるノートブックだと感じている。だけど、場所を取ることもたしかな話だ。

雑誌類も、棄てられないものがある。別にどういうこともない月刊誌・週刊誌なのだが、特集されている記事や写真、週刊誌なら創刊号と最終号(休刊号)などは、なぜか残しておきたいと思う。写真にあるのは、1981年1月号の『写楽』で、この号が書店に並んだと同時に、ジョン射殺の報が届いたのではなかったか。

a0193496_10561794.jpg


それにしてもモノが多い。仕事の書類・資料、もらった手紙・ハガキ類、写真、CD-RやDVD、何の使ったのか分からないコード類……。45リットルのビニール袋5袋分を出した。文庫本は約60冊で、それなりの値段で買い取ってくれた(持っていった古本屋は数年前に出店したところで初めて店主と話したが、ここの話はまたの機会に書きたい。なかなかの店なのだ)。

すっきりした。埃を払い、拭き&掃き掃除をしたからそうなるのは当たり前なのだが、混々沌々とした部屋も居心地は悪くないと感じる反面、きれいになった部屋も好ましい。散髪したて、という感触か。もっとも、これで仕事が捗るかどうかは別問題ではあるけれど。

a0193496_1057637.jpg

[PR]

# by kazeyashiki | 2011-02-27 10:58 | 暮らし | Comments(0)

ここ数日。   

一昨日は、『鬼平犯科帳』のDVDを2枚、つまり4話見る。
仕事の一環である。だが、ドラマを見るのは楽しい。学んでおくことも大事なのだが。
昨日は家人が正午過ぎに帰宅したので、一緒に昼食。
午後遅くから難波へ行き、その足で中西克己のいるオフィスへ。
谷町九丁目まで地下鉄で行き、上本町ハイハイタウンにある喫茶店「山猫」で珈琲。
中西氏の会社、なかなか難しい局面を迎えているという。
その話。
珈琲だけで別れ、谷町九丁目から自宅まで徒歩で帰る。

今日は、朝から録音技師取材テープに聴き起こし作業。
なかなか大変で、途中で挫折する。今日中には済ませよう。
午後から本棚の整理をする。不必要な文庫本を処分したい。

明日は終日撮影だ。朝早くに家を出て、京都の佛教大学へいかねば。
[PR]

# by kazeyashiki | 2011-02-24 11:41 | 暮らし | Comments(0)

今日のメモ   

☆〜♪

挟間美帆さんというジャズのピアニストがいい。
アレンジャーとしても素晴らしい才能だという。
山下洋輔さん経由でこの人を知った。
ついこの間、音大を卒業したばかりで、現在はN.Y.に音楽留学中だとか。

☆〜♪

その山下さんの本にあった、面白い外国人の名前。
ロシア人の耳鼻咽喉科医師「ノゾキミール・ノドチェンコ」
韓国人の読書家「チョー・ヨンデル」
おでん好きなロシア人「シルスキー・タコチクワ」
下着があっていないクロアチア人「クイコムワ・ブラヒモビッチ」
ロシア人のヘタクソな仕立て屋「ウラジミエール・チャンチャンコ」
洗濯好きのスペイン人「ホセ・ベランダーニ」、
おおらかな中国人「マ・エーヤン」
ははははは。

☆〜♪

先日、某臨海都市の古い純喫茶で仕事先の人とビールを呑んだ。
彼の馴染みの店で、経営の女性(ママ)とは親しそうだった。
その彼が、ポケットから小銭をおとした。
すかさずそのママは嬉しそうに言う。
「あっ、気にせんと、そのままにしといて〜!」
久々にこのセリフを聴いて、〔まだ言うているんや〕と感心した。

☆〜♪

モンゴル語で「金」は「アイシン」。
愛新覚羅は「金の覚羅」という意味。
ゆえに、清朝の皇族が巨籍降下すると「金」という姓になる。
金さんが多いのはこのあたりが背景にあるのか。
---司馬遼太郎がどこかに書いていたことから---

☆〜♪

ブータン国王が語った言葉。
『私はブータンの国民の価値と国民性を知っているため自信を持っている。
あなた方はこの国の真の宝である。
精神的な国の国民であるあなた方は、よき人であること、
すなわち正直さ、親切、慈悲、高潔さ、調和、
我々の文化と伝統への尊敬、国と神仏への敬愛、の価値を大切にしている。

私が懸念していることは、世界が変わるにつれ、
ブータン国民としての意識が宿るこの土台となる価値を
我々も失ってしまうのではないかということだ。

これからは、今よりもっと大きな変化が世界、国内で起こるだろう。
しかしながら、我々がこの単純かつ永遠の目標、
よき人であること、を求め続ける限り、
また、我々がすべてのよきことを支持する国家を作ろうと励む限り、
数百年先の未来も幸福で平和であるだろう。

私が国王だからあなたがたに頼んでいるのではない。
運命が私を王位につけた。
若き年齢で大切な国民と国家につかえる神聖なる責任を受け継ぐことは、
大いなる感謝であり、謙虚な心である。
私の在位を通じて、私はあなた方を決して国王として支配しない。
私はあなた方を両親として守り、兄弟として大切にし、子供として仕えよう。
私はあなた方に全てを与え、あなた方からは何も求めない。
私はこの人生をよき人として、あなた方の子供達の手本となりうるように生きる。
私のただひとつの目標はあなた方の希望と志を実現することだ。
私は、昼も夜も、親切心と正義、公平さの精神であなた方に仕えよう。

未来は見えないものでも分らないものでもない。
それは我々が作るものだ。
我々の両手で今日働くことが未来の国家を作り出していく。
我々の子供達の将来は、今日作らなくてはいけない。

最後にブータンのために祈りを捧げる。
平和と幸福の太陽よ国民の上に永遠に輝かんことを。
私はまた小さなヒマラヤの国王である間に、
私が世界の全ての人々のより大きな健康と幸福に、
全ての一切衆生のために寄与できることを、願っている。』

☆〜♪

今夜も地球は回っている。
[PR]

# by kazeyashiki | 2011-02-19 23:59 | 暮らし | Comments(0)